校長挨拶「自ら問いを創ろう」  印刷用pdf

「自ら問いを創ろう」

愛知県立豊田南高等学校長 阿部 卓巳

 本校は、昭和55(1980)年4月、「豊田市南部に普通科高校を」という地域の皆様の熱 い期待を受けて、若林の地に開校しました。校訓「全力」のもと、「たくましく生きる青年・た ゆみなく学ぶ青年・心を大切にする青年」を育てる努力を継続しています。
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続き、「当たり前が、当たり前でなくなった」新しい 生活様式の中ではありますが、今年度も以下の重点目標を掲げ、意欲あふれる生徒・惜しみなく 支援する教職員が主人公の「豊田南高校物語」を描き続けます。

①「新型コロナウイルス感染拡大予防」

 感染拡大の脅威を冷静に受け止め、継続的に対策を徹底しながら、何事に対しても教育的な 意義を検討して最良の策を講じ、学校教育は止めることなく前に進めます。

②「あいちラーニング推進事業~主体的に学び続ける生徒の育成を目指して~」

 主管校として、ICT活用の先進校としての情報発信に努め、新設したアクティブラーニン グルームの利用を促進して「新しい学習様式」を創造し、生徒の「主体的な学習の促進」を目 指します。

③「教職員の働き方改革」

 ICT活用により既存の学習スタイルを見直し、教育の質を落とすことなく、生徒のスタ ディスポーツバランス・教職員のワークライフバランスを維持するため、新しいアイデアを試 し続けます。
 これら3つの重点目標を達成するための合言葉が、「自ら問いを創ろう」です。
 私たち教師は、生徒のキャリア形成を考えて「今のうちに学問をしておけ」と学習の機会を与 えることはできます。ただし、学問をするか否かは生徒次第です。その生徒の主体性を引き出す のは、共に学ぶ仲間の存在です。仲間がいて、「一緒に学ぼうぜ。これをやってみたら、よくわ かった。これを、やるといいぞ。」と語りかけてくれます。語らずとも、隣の仲間が取り組んで いる姿を見て、主体的に自分もやってみようと思うようになります。
 人は、たった一人で大成するわけではありません。忘れてならないのは、協働の大切さです。 まずは自身で考え、他に依存せず個の意見や考え方を確立することが重要です。そして、自立し た個が集まって「問い」を共有して「対話」し、何をどうすべきかを決めていくことで、チーム のムードが高まります。「問い」を共有することは仲間を増やす上でも、とても大事な方法です。
 実際にチームで、小さな「問い」をたくさん作って共有していると、安心感が生まれ、一人で は解決できない「問い」が出てきたときにも安心して「対話」ができます。「問い」を作ること と、創造的な「対話」の関係を作ることは、車に例えれば、両輪です。良い問いをつくることが できれば、その問いを考えるための創造的な対話の関係ができますし、対話ができればまた新し い問いが創られます。その基礎となるのは、「自らの問い」であり「対話」なのです。
 本校は、常に「自ら問いを創る」意識の高い集団でありたいと考えています。対話に導かれた 主体性あってこそ、「全力」を尽くせます。協働体験は気づきを生みます。答えのない問いに向 き合い、多様な考え方が交錯する社会を生き抜く意欲にもつながります。困難と思えることも仲 間と一緒なら乗り越えられます。そんな先輩を見て後輩が育ちます。
 さて、まだ見ぬ君も豊田南高校に集い、仲間とともに本校の「全力」を体感してください。 困難を克服した輝きが君の自信を深め、たくましく生き抜く力になると確信しています。

校訓

校訓『全力』

R4スクールポリシー 印刷用pdf

1 スクール・ポリシー
 (1) 目指す生徒像(育成を目指す資質・能力に関する方針)
  ア 自ら問いを創り、自己を高めようとする人
  イ 個の力を持ち、未来をたくましく生き抜く人
  ウ 道徳心と規範意識を持ち、周囲と協力して、社会に貢献する人
 (2) 本校における学び(教育課程の編成及び実施に関する方針)
  ア 主体的・対話的で深い学びの実現
   (ア) ICTを活用した主体的・対話的で深い学びの実践
   (イ) 「基礎・基本」「思考・判断・表現力」「主体性」を重視した学習
   (ウ) 3年間を見通したキャリア教育の重視
  イ 環境の変化に対応できる柔軟性の育成
   (ア) 基本的な生活習慣と学習習慣の確立
   (イ) 基礎学力およびその活用力の充実
   (ウ) 「自ら問いを創る」姿勢の重視
   (エ) 多様性への理解を深める活動の重視
  ウ 協働による課題発見・解決能力の育成
   (ア) 挨拶の励行
   (イ) 対面やオンラインによる多様な交流機会の充実
   (ウ) アクティブ・ラーニングの視点に基づく協働活動の重視
 (3) 入学を期待する生徒像(入学者の受入れに関する方針)
  ア 学力
   (ア) 中学校課程修了段階の基礎学力を十分に有する人
  イ 学びに向かう姿勢
   (ア) 広く社会に目を向け、興味・関心を持って物事を探究しようとする人
   (イ) 部活動や学校行事等に真剣に取り組んできた人
   (ウ) 中学生段階での基本的な生活習慣や学習習慣が身についている人
   (エ) 読書に勤しみ、知識・教養を高めようとする人

校歌

清水 孝之 作詞,川島 博 作曲
(序)
南に潮騒の香のたちくるや
御嶽山は遠白くして

(一)
花白き 三河の広野
誠実は 苦患をひらく
全力もて
叡智の園に つどうもの
たゆみなく 欅のように
空を目指して 伸びよう
われらの 南高校

(二)
水清き 矢作の流れ
勤勉は 未来を望む
全力もて
試練の道を 駆けるもの
たくましく 欅のように
岩根固めて 生きよう
われらの 南高校

(三)
空遠き 猿投の山よ
敬愛は 久遠を照らす
全力もて
進取の旗を かざすもの
たかだかと 欅のように
枝を交して 励もう
われらの 南高校

校章

 豊田市の「市の木ケヤキ」の双葉をもって南を抱き、豊田市にそびえたつ豊田南高等学校の姿を図案化したものである。
 「ケヤキ」の語源は「ケヤケシ」といい、きわだったものの意であったと考えられている。
 また日本原産の落葉高木で、太く直立した幹を持っている。材は大形のものが得られる上に木目が美しいため、建築・舟材に広く用いられている。
 校章は、本校の生徒が「ケヤキ」の如く心身共に伸びゆき、社会の太い幹となるように、という願いをこめたものであると同時に、地域の中心として飛躍する豊田南高等学校の姿を象徴している。

教育目標

知・徳・体の統一ある人間形成に努め、社会の発展に貢献する有為な人材を育成するため、次のような青年像を指標とします。

  • たくましく生きる青年
  • たゆみなく学ぶ青年
  • 心を大切にする青年

指導方針

  • 一人ひとりの能力を伸ばす教育
  • 厳格にして伸びやかな気風の醸成
  • 困難を乗り越えるたくましい気力体力の養成
  • 地域と密接な連携による指導
次へ