進路目標

 生徒一人一人が将来の目標を見つめ、自らの在り方生き方を考えながら、目的意識をもって主体的に自己の進路を選択し決定することができるように、そのために、下記事項の強化に努める。

  1. 規律正しい生活の中に、堅実な学習態度を養成する。特に授業等の大切さを認識させるとともに、予習復習の徹底を図る。
  2. 生徒一人一人の追跡データを完備し、学年・担任・教科担任との緊密な連携のもとに、きめ細かな個別指導が継続的に行えるようにする。
  3. 進路決定の相談に必要な各種資料、情報の収集を図り、ホームルーム活動等を通じて、効果的な指導、助言が行えるようにする。
  4. 生徒が自ら適性の発見と資質に応じた職業を選択できるように、望ましい職業観の育成に努める。
  5. 家庭との連携を密にして、個々に応じた進学指導、就職指導について、保護者の理解と協力を得るように努める。

進路状況

進路年間指導計画

 本校の進路指導における年間計画です。おおよその流れかがおわかりいただけます。

詳細を確認する

受験体験記

進路講演会

 総合的な学習の時間(本校では「欅(けやき)」と呼んでいます)の一部として取り入れています。
 また土曜学習会の午後に講師をお招きして、講演会を実施しています。

詳細を確認する