平成31年度(令和元年度)部活動運営方針 印刷用pdf

1 目標
(1)学校教育の一環として実施する。
(2)部活動に参加することで、心身を鍛え充実した生活を築こうとする自主的な態度を育てる。
(3)技術・競技力を向上させるだけでなく、個性の伸長と生涯教育の一環として、豊かな人間性を育てる。
2 本年度の部活動
(1)本年度設置する部活動
①運動部
陸上競技、水泳、柔道、硬式野球、卓球、ソフトボール(女子のみ)、バスケットボール、
バレーボール、サッカー(男子のみ)、ハンドボール、ソフトテニス、硬式テニス
新体操(女子のみ)、弓道、剣道、ビームライフル射撃、カヌー競技
②文化部
吹奏楽、応援・バトン、華道、茶道、写真、文芸、英語、囲碁・将棋、演劇
(2)活動時間及び日数について
①活動時間
・学期中:平日2時間程度 週休日等:3時間程度(練習試合や大会等を除く)
・長期休業中:3時間程度(練習試合や大会等を除く)
②休養日
  年間計画でハイシーズン(大会やコンクールが近い時期)とオフシーズンとを区別し、休養日を合計 104日(土日曜52日、平日52日)設定する。ただし、試合に勝ち抜く等計画を変更せざるを得な い場合は、部顧問が生徒と相談し保護者の理解を求める。
③その他
・朝練習は生徒の自主的活動とし、顧問は指導をしない。
・定期考査1週間前(土日含む)は部活動を行わない。大会等がある場合は校長に相談する。
・年末年始等の学校閉庁日は部活動を行わない。大会等がある場合は校長に相談する。
(3)大会参加
部活動として参加する大会は、以下の点に該当するものとする。
①県高体連・高野連・高文連が主催、共催の大会とする。
②その他の大会については、校長が許可した場合のみ参加を認める(ただし、生徒の健康面・学習面には十分配慮する)。
3 部活動運営
(1)体罰等の禁止
部活動顧問等の指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰等は決して許されないものであるとの認識をもち、体罰等のない指導を徹底する。
(2)保護者の理解と協力
保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことができない大切なことであることから、顧問としての指導に関する基本方針・活動計画・活動時間・休養日等を明確にし、保護者に示す。